レーザー治療

レーザー治療のメリット

レーザー治療のメリット

レーザーでの歯科治療には多くのメリットがあり、子どもや高齢者の方などでも安心です。ストレスのない治療が受けられます。

 

* 麻酔なしでの治療が可能。
* 止血作用があり、出血が少ない。
* 術後の疼痛が少ない。
* 治療期間が短縮できる。
* 副作用が少ない。

ページのトップに戻る

レーザーの性質

レーザーは英語の「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」の頭文字をとった言葉です。「光放射の誘導放出による光の増幅」という意味を持っています。ある光源から光を1色だけ取り出し、特定の媒質を通してエネルギーを増幅させた人工の光です。

レーザーの性質太陽光などには多数の色が含まれていて、光は360度全ての方向に拡散しますが、レーザーはそれらの光とは全く違った性質を持っています(右図)。

* 1色(単一波長)です。
* 位相(波の大きさや幅)が一定しています。
* 進む方向が同じです。

光が拡がらず一方向にのみ進みますから、そのエネルギーは一ヶ所に集中でき、増幅させると非常に高いエネルギーが得られることにもなるのです。位相が一致していますので干渉性(障害物があるとすぐ干渉を起こす性質)にも優れています。レーザー光の応用範囲は広く、様々な分野で活躍しています。

ページのトップに戻る

炭酸ガスレーザー

レーザーに使われる媒質(外部からのエネルギーで、特定の波長だけを放出する材料)は大まかに気体、液体、固体、半導体の4種類に分けられます。 歯科でも何種類か利用されていますが、中でもCO2(炭酸ガス)を媒質としたレーザーは、歯周疾患など軟組織の治療に最適。臨床例も多く、安全性が確認されています

炭酸ガスレーザー歯肉の70%以上は水分です。CO2レーザーは水分への吸収性が良いので、軟組織に照射すると表層で吸収。瞬時に高温となり、生体の蒸散をもたらしますので、周囲組織への損傷がほとんどありません。レーザーの種類によっては、深部まで透過するものもあり、用途が異なってきます。

ページのトップに戻る

レーザー治療の症例

咬傷による歯肉の腫脹

「腫れてきた、膿が出る」などの症状も出血が少なく、処置できました。術後の痛みも少なくてすみます。

レーザー治療の症例術前 レーザー治療の症例術直後 レーザー治療の症例術後
術前 術直後 術後

咬傷による歯肉の腫脹

「腫れてきた、膿が出る」などの症状も出血が少なく、処置できました。術後の痛みも少なくてすみます。

咬傷による歯肉の腫脹 咬傷による歯肉の腫脹 咬傷による歯肉の腫脹
術前 術直後 7日後

咬傷による歯肉の腫脹

「腫れてきた、膿が出る」などの症状も出血が少なく、処置できました。術後の痛みも少なくてすみます。

咬傷による歯肉の腫脹 咬傷による歯肉の腫脹
術前 術後1ヶ月

ページのトップに戻る

診療科目

医療法人社団 郷友会 原デンタルオフィス 六郷インプラントセンター
東京都大田区仲六郷3-5-8 
TEL:03-5711-5564 FAX:03-6715-8667

Copyright © 医療法人社団 郷友会
原デンタルオフィス 六郷インプラントセンター. All Rights Reserved.