スタッフブログ

月別アーカイブ : 2016年10月

審美修復症例

2016.10.20 カテゴリー:審美修復の症例

前歯を審美修復された患者様を2症例紹介します。
 

M.I様 女性

術前術後
●施術前写真                            ●施術後写真

施術前の写真を見ていただくとわかるように、歯の裏側が変色して、歯の間に虫歯ができています。

今回の治療では、虫歯の部分のみ削りとって、ハイブリットレジンで修復を行いました。

ハイブリッドレジンとは通常虫歯治療などで使用するCR(プラスチックの詰め物)にセラミックを配合したものです。
通常のCRよりも強度に優れ、変色しにくい素材になっているため、治療後の状態を長く保つことができます。

削る部分を最小限に抑えて治療を行うので、健全な歯への負担も少なく治療を行うができます。

A.T様 女性

審美修復症例 術後
●施術前写真                            ●施術後写真

歯の表面が白濁し、変色していることを気にされ来院されました。
人の目に頻繁に触れる前歯なので、元の歯のように治療したいという相談を受け、グラディアダイレクトを用いて審美修復を行いました。

歯の削る量を最小限におさえ、ハイブリットレジンという素材で表面を修復しました。
歯の色みは、患者様の歯に合う色を20色以上の材質から選び、天然の歯のような自然観のある治療を行うことができました。

患者様からは、どこからが元の歯でどこからが施術した箇所なのか全く分からないと喜びの声をいただきました。

 

以前にもブログでお話ししましたが、他人の目にもっとも触れやすい前歯は、表情やその人の印象にも影響を及ぼすものです。

歯並びや、前歯にコンプレックスを持っていて、うまく笑えない・つい口元を手で隠してしまう・・・
などのお悩みをもった患者様が、治療を終えるころには大きな口を開けて自然に笑っている姿を拝見するたび嬉しくなるものです。

 

きれいな状態をキープできるよう、まず虫歯を作らない、着色汚れを残さないためにブラッシングやケアに力を入れることが第一ですが、
今回の症例のように当院では審美修復という形でそのお手伝いをすることも可能です。

詰め物だけでなく、銀冠(銀の被せ物)の修復なども対応できますのでお気軽にご相談ください。
 

 

大田区 インプラント|蒲田・川崎在住の方のインプラントも六郷インプラントセンターへ 大田区仲六郷

 

 

 

 

そらジロー

2016.10.07 カテゴリー:日常,未分類

こんにちは。スタッフのAです。

先日子供を連れて、行ってきました。

念願の

img_6989

そらジロー!

正式には『木原実&そらジローの「こんばんはーっ!」』のコーナーだそうです。

日テレ内の『日テレ屋』というグッズショップでそらジローとぽつりんのぬいぐるみを買い、
大屋根広場に18時前からスタンバイ。

スタッフの方から集合がかかると並び始めるのですが、
事前に友達から、真ん中に並ぶとそらジローとかぶっちゃうから
最初か最後の方に並ぶといいよ!
と言われていて、ゆっくりめに並ぶ……

しかし、この日はまあまあ人がいて、私たちのあとにもぞくぞく人が。

結果ど真ん中でそらジローにかぶってしまいあんまり映れませんでしたが(笑)
木原さんが中継までの合間で子供たちと遊んでくれたり、終わったあとそらジローがダンスを見せてくれたり、
ただ単純に楽しかったです♪

子供たちも帰ってからぬいぐるみを連れ歩いて、しょっちゅうその話をしているので、いい思い出になったかなーと思います。

img_7045

 

 

大田区 インプラント|蒲田・川崎在住の方のインプラントも六郷インプラントセンターへ 大田区仲六郷

医療法人社団 郷友会 原デンタルオフィス 六郷インプラントセンター
東京都大田区仲六郷3-5-8 
TEL:03-5711-5564 FAX:03-6715-8667

Copyright © 医療法人社団 郷友会
原デンタルオフィス 六郷インプラントセンター. All Rights Reserved.